侍 LE SAMOULAI

指切った!!

 

刺身みたいなそぎ切りだぜ!!

 

------

 

子供の時に好きだった映画がある

アランドロン主演 LA SAMOULAI

ハードボイルドな殺し屋の話だ

 

 

何が好きだったかはよく覚えている

当時中学生だった私は見た映画と言うとドラえもん金曜ロードショー男はつらいよインディージョーンズ

飽きっぽいので基本テレビも見ない子供だった

 

 

ある日何故か夜中に目が覚めテレビをふとつけたら映画がやっていた。

映画が始まる前なのだろう

アランドロン久々の新作の前の記者会見だったと思う

記者が私は新作は楽しみだけれどあなたの作品ではサムライが好きですと発言して番組が始まる

 

深夜のドキドキ感、大人感に酔いしれて念の為当時家に1台あったビデオを録画させて寒いので寝た

 

 

日本語でも英語でもないフランス語の得体の知れない映画を後日また夜中に見る

 

 

この映画を見るなら夜中と思っていたのだ

 

 

かいつまんで話すとハードボイルドな殺し屋がほぼしゃべらずにいて話は進んでいく

ある日裏切られた主人公は出先で銃撃に会う

左腕を負傷しても表情を変えずに車を運転し部屋に戻る

部屋には小鳥一羽しかいない

小鳥は異変を感じて泣いているので部屋の隅々までチェックをする

調べるとカーテンの裏から盗聴機が出てきてこれを握りつぶす

 

 

ここからが問題のシーンだが、主人公はひとつも表情を変えずにキッチンで腕から十弾を取りだし消毒をしてテープを巻き、

自分を撃った相手を殺しに行く

この間顔色も変えず一言も発せずに!!!

 

し!しぶい!!

 

べらべら喋りがちな私はこれ以来痛いを言わないようになった!

育てやすい子になった!

 

-----

 

昨日、得意料理の白菜の千切り鍋をしていた

 

ちょっと包丁が切れないと言われて軽く研いだつもりがしっかり刃がついていたらしい

あれ?と違和感を感じた瞬間人差し指の爪から指先までスパッと!切り落としていた

 

 

溢れる血、殺し屋に僕はなる!

 

黙って指を押さえる。

切ったわけでなく切り落としてるため押さえても血が止まらない

まな板の上の野菜少しと切った爪から先はとりあえず流しのディスポーザーに入れる

指に消毒液を垂らすと、消毒液の冷たさが脳に伝わり、

合わせて痛みが響く

 

が!顔色を変えない!しっ!しぶい!!

よっ!アランドロン!

と思って料理をした

 

侍になるとカエシまで刺さった針とかも気合いで抜けるようになるよ

その代わり指の色が変わるけどね!!