ラーメンマン

ラーメンに対して異常に熱くなる人がよくいる

 

じぶんは昔はたまに食べるのが好きだったけど、

最近はなんか食べる前のふれこみで疲れてしまう。

 

あの頑張ってます感。

あの体にいいです感。

スープに命を懸けてます感。

 

いいじゃん寒い時にあったかいのそこそこの値段で食べたいんだよね。

それだけなんだ。

500円、600円位で食べられればいいんだ。

 

だから最近一番好きなラーメンは、家で奥さんに残り物入れて作って貰う物になっている。

外で食べると言ったらくるまやラーメン、バーミヤンで十分美味しい。

たまに幸楽苑日高屋とか

日高屋はテーブルが汚れててスーツにつくとクリーニング代の方が高くなりそうで足が遠のくけど。

 

 

あとラーメンが最近は疲れる理由は行く前から味が解ってしまうところ

スープ(鳥、豚、魚)×塩味(醤油、味噌、塩)×中華麺

なんとなく個性を出そうとしているが最低限のルールとしてこれの組み合わせで戦うみたいな暗黙の了解がある。

 

なんだ君たちは頑張って枠を飛び出さないのか!

先人の作ったものを越えないのか!

個人経営で自由に料理が出来るじゃないか!

なぜだ!と思ってしまう

 

ただ、良い物は収斂されていって淘汰された結果が今なのかもしれない

 

結局近所のラーメン屋引っ越してきてからごくたまに行ってみて、

全部食べてみて、どこも旨かったんだけど

何故かもう2回目はいいやという感じ

頑張らないで経営してゆっくり酒飲ませてくれてちょっと餃子とラーメンが食えればいいんだよ

スープが無くなり次第終了しますとかそんな意気込みはいらないんだよ。

 

結局酒が飲みたいというお話でした